FC2ブログ
京都市 左京区 みかげ通 歯科 歯科口腔外科 小児歯科 訪問歯科 審美歯科
京都市左京区にある歯科医院です。ホームページとともにご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
インプラント周囲炎
 歯周病はご自身の歯を失う大きな原因となりますが、インプラントでも同じような症状になることがあります。
 こういった状態は「インプラント周囲炎」と呼ばれています。

        歯周病:歯と歯肉の隙間に細菌が感染し、歯肉が腫れたり出血する(歯肉炎)
             進行していくと歯を支えている骨に広がる(歯周炎)
             放置すると最終的に周囲の骨が歯を支えきれなくなってしまいます。
 インプラント周囲炎:インプラントと歯肉や周囲の骨の隙間に細菌が感染し起きる
           
 大きな違いは、歯と骨の間には歯根膜という組織があり免疫機構が働くのですが、インプラントにはこの天然のバリアがないので骨の側に細菌が入りやすいと言われています。このインプラント周囲炎まで進行すると周囲の骨が吸収されるスピードは歯周病の数倍から数十倍とも言われています。
 また、インプラント周囲炎が進行すると最終的にはインプラントを除去せざるをえなくなり、肉体的にも精神的にも負担がかかります。
 
 日々のメンテナンスだけでなく定期的な専門的なチェックが非常に大切です。 
スポンサーサイト
comment:0   trackback:0
comment
comment posting














 

trackback URL
http://maedadc.blog9.fc2.com/tb.php/73-ccb58c6d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。