FC2ブログ
京都市 左京区 みかげ通 歯科 歯科口腔外科 小児歯科 訪問歯科 審美歯科
京都市左京区にある歯科医院です。ホームページとともにご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
キシリトールと虫歯予防
キシリトールに虫歯予防効果があるという認識が高まり、キシリトール含有の食品が
増えてきています。キシリトールは糖アルコールと呼ばれる天然の甘みを持った炭水化物です。

虫歯は、ミュータンス菌が糖を分解して産生する酸によって、エナメル質が脱灰されて起こります。
キシリトールには他の糖には見られない特有の作用を持っています。

① キシリトールがミュータンス菌体内に入るとキシリトール5-リン酸という代謝産物が産生され、
  これが静菌作用を持つと言われています。
  さらに、キシリトール5-リン酸はミュータンス菌体内で無機リン酸塩とキシリトールに分解され
  ます。

② ここで新たに分解されたキシリトールは再びミュータンス菌の外に運び出されます。
  この過程でミュータンス菌はキシリトールをエネルギーにできないばかりか、
  逆にエネルギーを消費してしまいます。
  その結果ミュータンス菌は活性を失い、次第に数が減っていくことになります。
  
  これがキシリトール特有のう蝕予防メカニズムです。

キシリトールの作用はこれにとどまらず、唾液やプラークのカルシウムと複合体を作り
エナメル質表面の再石灰化を促すとも考えられています。

こういった効果を得るには、できるだけ長時間キシリトールが口腔内に留まっていることが望ましく、
ガムやキャンディーが摂取しやすいと考えられます。

もちろん、歯磨きや食生活にも注意して下さい。
スポンサーサイト
comment:0   trackback:0
comment
comment posting














 

trackback URL
http://maedadc.blog9.fc2.com/tb.php/56-a6ff6d96
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。